ホーム デザイナ アニメーション/モーションデザイナ 「アニメ業界の技術や知識は、ゲーム業界でも需要がある」ゲームとアニメのクロスオーバー
「アニメ業界の技術や知識は、ゲーム業界でも需要がある」ゲームとアニメのクロスオーバー
 

「アニメ業界の技術や知識は、ゲーム業界でも需要がある」ゲームとアニメのクロスオーバー

山田アイコ、発信します!
今回は、デザイナの『金子 俊太朗』さんに、アニメ業界からゲーム業界へ転職したことでよかったことなど、アニメ業界との違いについてもお話を伺ってきました!

金子監督!お忙しいところありがとうございます。
今日はよろしくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いします。

アピリッツ AICHO
▲金子さんにアイコの原画を描いていただきました!

金子 俊太朗
2019年8月エクスペリエンスデザイン部にデザイナとして入社。
アニメ業界で数々の作画/作画監督を経験した後、アピリッツに転職。
現在はデザインリソースのディレクションを行う。

アニメ業界の知識をゲーム業界へ

ゲーム業界への転職を考えたきっかけを教えてください。

最近ゲームアプリ内でアニメーションを使った演出を目する機会が多くて、自分もこういうものを描きたいなと思っていたところ、知人から「会社でアニメが描ける人材を探している」と声をかけてもらい、楽しそうだと感じたので転職を決めました。

もともとゲーム業界に興味はあったんですか?

はい!スマホゲームではアイドルマスターが大好きで、お仕事でも原画をやる機会もあったので、ゲーム業界にはとても注目していました。

転職をする際、どこに魅力を感じましたか?

ゲーム業界では作品に対してアイディアや意見を自由に発言しやすく、作品により深く関われるところに魅力を感じました。
アニメーター時代も大人数で作品を作っていたのですが、とても意見交換をするような環境ではなかったので…

実際のアピリッツの印象はいかがでしたか?

業界が違うので馴染めるかとても不安だったのですが、実際入ってみると社内でのコミュニケーション機会が非常に多くて、仕事の質問や作品に関するディスカッションなども気軽にできたことで、人間関係のストレスがなく仕事ができています。

あとは、ゲーム業界ならではの知らなかった知識や技術を教わりつつも、自分がアニメ業界で培ってきた技術も有効に活かすことができているので、とても恵まれた環境だと感じています。

アピリッツ AICHO
▲コンテも!

心に余裕ができた職場環境

アニメ業界からゲーム業界に転職して、良かったことはなんですか?

アニメーターは数をこなさないと食べていけないという緊迫感が常にあって、作品が終わるごとに契約が終わってしまうという未来の不安を常に感じながら仕事をしていたんですが、今は余計な心配をせずに集中して仕事に取り組めるようになったことがとても嬉しかったです。

あと、作業に入る前に資料集めや業界のトレンドの研究などにも時間を使えて、アニメ業界にいた頃より心に余裕をもって仕事ができています。

一本ごとの契約だったんですか!?
それは不安になっちゃいますね…心に余裕ができて良かったです。
業界をまたいでの転職になりましたが、業務上の変化はありましたか?

アニメーター時代は作画監督としてキャラクターのブラッシュアップや、原画で動きを作ることしかしていなかったのですが、アピリッツに入ってからは色んなソフトに触りながら学べることが多くて楽しいです。

ほぼ趣味でしか使っていなかった「Adobe After Effects」による撮影や編集も業務として使えたので、機会の少なかったセクションの作業を行うようになったことは大きな変化でした。

ちなみにどんなソフトを使うようになったんですか?

PhotoshopやLive2D、Unityなどはアニメ業界では触る機会がなかったんです。
そういったソフトを使いこなして、表現の仕方を多く学べたところはとても良かったです。

アニメ業界とゲーム業界の違いに驚いたことはありましたか?

一番驚いたことは、デザイナーなどのクリエイター職の待遇が新人の頃から安定しているという点です!
クリエイター技術がつくまでは稼げなくて当たり前という認識があったので、新人のころから安定した待遇で技術を学びながら業務をできる環境はとても素晴らしいと感じています。

アピリッツ AICHO
▲こちらのアイコのイラストは社内のSlackでも活躍中です

アニメ業界からゲーム業界への転職は少ないようですが、なにか理由はあるのでしょうか?

ゲーム業界とアニメ業界は近いように見えるのですが、交流自体が少なくて情報があまり行き来せず、認識の差がすごくあるんです。
僕は知人からの紹介だったので色んな話を聞けましたが、他の方は情報がないので不安なんだと思います…。

実際に業務をする中で、なにか感じたことはありましたか?

クライアントさんから頂いたイメージを実現する能力や単純な動きを作る技術など、アニメ業界では基本的なスキルが、ゲーム業界ではかなり貴重な人材として扱われていて「アニメ業界での技術や知識は、ゲーム業界にとても需要がある」というのを強く感じました。

社内にアニメスタジオを立ち上げる

金子さんの今後の目標を教えてください!

今スマホゲーム業界ではアニメーションを使った演出の需要がすごく高い時期だと考えていて、アニメも作れる会社にすることを目標にアニメーション作成ができるチームの立ち上げを行っています。
ゆくゆくは社内に自分のアニメスタジオを持って、ゲームのOP/EDやPVなどのショートアニメを内製でガンガン作っていきたいです!

素敵な目標ですね!!
社内でどんなアニメを作りたいですか?

今アピリッツに、とっても可愛いヴァーチャル新入社員の山田アイコちゃんがいるので、アイコちゃんのアニメを作って世に出していくのが今の目標です!
アイコちゃん、一緒に頑張りましょう!

えっ、アイコのショートアニメですか!?
嬉しいです…!アイコ、一生懸命頑張りますね!!

アピリッツ AICHO 原画
金子さんにアイコを描いてもらっちゃいました~!

最後に一言いただけますか?

今は尊敬できる上司や趣味の話もできる仲間がいて、安定した環境で仕事ができています。
アニメ業界で原画・作画監督・撮影・仕上げ・制作進行などの経験者と一緒に、社内のアニメスタジオをどんどん強くしていきたいと考えています!

それでは、アニメスタジオの活躍を楽しみにしております。
今日はありがとうございました!

ありがとうございました!

採用のお知らせ
アピリッツは一緒に働く仲間を募集します
私たちと共に、セカイの人々に愛されるインターネットサービスをつくりましょう
くわしくは[採用情報]をチェック! もしくは[今すぐ応募]からのエントリーで、
採用担当者からすぐご連絡をさしあげます!
記事を共有

最近人気な記事