ホーム イベント 社外イベント アピリッツ(証券コード:4174) 東証JASDAQスタンダード市場 新規上場!当日はこんな感じでした
アピリッツ(証券コード:4174) 東証JASDAQスタンダード市場 新規上場!当日はこんな感じでした
 

アピリッツ(証券コード:4174) 東証JASDAQスタンダード市場 新規上場!当日はこんな感じでした

アピリッツは2021年2月25日に東証JASDAQスタンダード市場へ新規上場しました。証券コードは4174です。上場日当日の様子をCFO永山のコメントを交えつつお伝えします。(2021年2月取材)

緊急事態宣言発令中。でも、ちゃんと上場しました

新規上場日の朝8時半、アピリッツの和田、永山、魚谷、三原が主幹事証券会社であるみずほ証券株式会社様に上場のご挨拶に伺いました。こちらで初値のマーケットアップデートを見学します。

エントランスに集合した監査役の三原と、取締役の魚谷。スーツがすてきです
社長の和田。「緊張はしてないよ」とのことでした

本来であれば盛大に……となるところですが、今は緊急事態宣言が発令中。よって、東証でのセレモニー(鐘をカーンと鳴らすアレです)や会社での祝賀会は、ありませんでした! ですので、「せめて……」ということで、みずほ証券さまがセレモニーを開催してくださいました。

みずほ証券株式会社の吉田さまと記念撮影
新規上場を見届けたあと、みんなで記念撮影
記念品の地球儀。「セカイに愛されるインターネットサービスをつくり続ける」というアピリッツのスローガンにあわせて選んでくださったそうです。すてきな贈り物です

このときどんな気持ちだったか、CFOの永山に聞きました。

セレモニーがないのは残念でした。「上場した」といっても実感はなかなかなわかないものですが、役員だけでなく過去から当社の歴史を築いた人たちみんなでセレモニーに参加して今までの苦楽を思い出しながら、未来に思いを馳せることで心機一転するのですが、その機会がなかったので。ただ、みずほ証券のセレモニーを通じて、初値のマーケットアップデートを見て注文が入っていく様は正に今までと違うステージにきたんだなあと感じることができました。

オフィスはお花と祝電と記念品がたくさん

ちょうどそのころオフィスでは朝からお祝いのお花や電報が続々と届いていました。ありがとうございます!

受付に入りきらず、廊下の奥までずっとお花がならんでいます。ありがとうございます!
みずほ証券さまから真っ白で大きな胡蝶蘭、そしてみずほ銀行さまからはブルー(みずほカラー!)の胡蝶蘭
帰社後、新規上場の記念品として東証から贈られるレリーフと木槌ではしゃぐ和田とCFOの永山

そして東証へ。ストックボイス出演、記者会見

午後から東京証券取引所に移動し、和田がTV番組「ストックボイス」に出演し、番組出演後は和田と永山の両名で「兜倶楽部」にて記者会見をおこないました。どちらでもアピリッツの事業内容と成長戦略についてお話しました。

木槌と盾で盛り上がったあと、東証に向かう和田と永山
放送終了後

今回は記者会見やストックボイスの出演でしたが、今後も様々な機会に投資家やそれ以外の人へも当社が知れ渡っていきます。正に上場した事がきっかけですね。
また、記者会見の質疑応答や、日々IRへ問合せが入ってくる中で感じるのは世の中のDX化の波の中で、Webソリューション事業が果たす当社の役割、またオンラインゲーム事業では新作などへの期待感など、当社への期待値は非常に高いです。

やりきった感あり。でもここからがスタートです

アピリッツのみんなに知ってほしいのは、非常に当社は期待されていること、また期待の裏側には求められるものが高くなっていくこと、またそういった会社に在籍しているんだって自負と自覚を知ってくれたらうれしいですね。
お客様や投資家などの様々なステークホルダーの高い要求に答えていく中で実は会社も個人も成長していきます。これが経験できるのはまさにこのステージの会社ならではですからお客様も投資家もひいては社員のみんなもハッピーになれるように航海を楽しんで進んでいきたいですね。

これからもアピリッツは「ザ・インターネットカンパニー」という理念に基づき、「セカイに愛されるインターネットサービスをつくり続ける」ことを目指し、企業のDX推進のラストワンマイルを支援してまいります。

アピリッツは一緒に働く仲間を募集します
私たちと共に、セカイの人々に愛されるインターネットサービスをつくりましょう
くわしくは[採用情報]をチェック! もしくは[今すぐ応募]からのエントリーで、
採用担当者からすぐご連絡をさしあげます!
記事を共有

最近人気な記事